商品の内容を細かく知ろう!

次に注意しておきたいポイントとしては、商品の内容を細かく知る、ということです。保険サービスというのは思っているよりもシビアな世界で、一様にもしもの時と言っても、保険が適用されるケースは限定されています。どのようなケースでも対応して貰えれば利用者側としても願ったり叶ったりですが、安くて保険適用範囲も広いというサービスは滅多にありません。たとえばがん保険ならば、がんならば保険の適用内になるけれども、ポリープの場合は適用されないなど、病名が少し違うだけで保険が適用されるか否かが決まってくることになります。このように微妙な違いかもしれませんが、適用範囲について正確に把握することは非常に大切と言えます。

商品の内容を細かく知ったら、次は価格の問題に入りましょう。保険の価格は適用範囲によって上下することになり、一般的には範囲が広ければ高く、範囲が狭ければ安くなります。しかし、がん保険のように特定の病気に限って保険サービスを提供するといった特殊な保険も登場しておりますので、保険利用の目的を明確にして、自分の希望に合っているかどうかを吟味しなければなりません。掛け捨てかどうかといった点も焦点になりそうですね。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加